始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

先週と一気に水準が変わってしまいました。ここまで影響が拡大するとは思っていませんでしたが・・・。

13日(金)ですが、日銀ETFオペとは別に、ようやく公的らしき資金が買いに入ってきた様です。

その他、企業年金でも買いに入ってきたという声が聞こえてきました。

まだまだ安定するには時間が掛かると思いますが、相場の反転は、ショートカバー、

公的買いがきっかけとなりやすいので、注視していきたいですね。

 

参考までに・・・GPIFの足元のウエートは、国内債で34%強(35±10%)、日本株で21%強(25±9%)、

外債が20%弱(15±4%)、外株25%強(25±8%)・・・となっている様です。(カッコ内は基本モデルポート)

これだけを見れば、外債のオーバーウエートと国内株のアンダーウエートが目立ちます。

基本ポートフォリオのウエートにリバランスするには、単純計算で、外債を6.5兆円ほど売って、

日本株を5.5兆円、国債を1兆円強買う(現実的ではない?)ことになります。

たまに見かけるGPIFの買い余力・・・てやつですね。

勿論、直ちにこれだけの資金を動かすとは思えませんが、いつ入ってきても不思議ではないので、

特に9時半頃からの動きには注意しましょう。経験則では、その前後から走り出す事が多いのです。

これは、お堅い資金なので、前日に打診が行き、当日、入金が確認されてから買い始める為に、

このようなスケジュールとなってしまうと言われています。

 

インデックス・イベントは以下の通りですが、今は、それどころでは無い感じですね。

 

 FTSE All-WorldNAREIT含む)(3/19)

・売り方向・・・9509北海道電(30万株)

ここから先は、メール会員限定の記事です。
30日間10,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

有料メールマガジン

各コラムにはなかなか載せられない、よりリスクリターンの高いアイディア、あるいは確率は低いがうまくいけばリターンの大きいアイディアなど、幅広くかつ非常に興味深い投資アイディアを詳細に分析していきます。また、各コラム記事のより詳しい説明やフォローアップなどもこのメルマガの中で配信していきます。