始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

引き続き変動が激しい展開が続いております。

丁度いい機会なので、日銀ETFオペと公的資金について復習しておきましょう。

 

日銀ETFオペ

これは、前場のTOPIX終値を参照して、日銀が決定し、それを三井住友信託に通知、

三井住友信託から、担当証券会社に連絡がいきます。

証券会社は、基本的にはETF買い・先物売りの裁定ポジションを持っていて、日銀オペに対して、

後場(現物取引時間)の先物VWAP買い(戻し)、コストを上乗せした価格でETF売りを行い、裁定を解消しています。

この仕組みは、このオペレーションが決まった時から変わっていません。

たまに、朝から日銀オペが走っている・・・という話が出ていますが100%あり得ません。

ここから先は、メール会員限定の記事です。
30日間10,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

有料メールマガジン

各コラムにはなかなか載せられない、よりリスクリターンの高いアイディア、あるいは確率は低いがうまくいけばリターンの大きいアイディアなど、幅広くかつ非常に興味深い投資アイディアを詳細に分析していきます。また、各コラム記事のより詳しい説明やフォローアップなどもこのメルマガの中で配信していきます。